b型肝炎ウィルスはc型肝炎ウイルスより感染力が強い!

病院8

日本人の多い肝臓病はウィルス性肝炎で、なかでもb型ウィルスとc型ウィルスによる肝炎が80%を占めています。ウィルスに感染すると肝臓に炎症が起こり、それが慢性的に続くと長い時間をかけて肝硬変、肝がんへと進行していきます。

b型ウィルスはcウィルスより感染力が強く、複雑に進行します。ここではb型肝炎ウィルスについて説明していきます。


b型肝炎がおこるしくみ

b型肝炎ウィルスは全世界で3億人から4億人が感染していると言われています。日本での感染者は110万人から140万人と推測されています。ただし、そのほとんどは国の防止策が実施される前の母子感染によるものです。

b型肝炎ウィルスに感染しても、ウィルス自体が直接肝臓の組織を攻撃することはありません。b型肝炎に感染した人の70%から80%は症状のないまま鎮静化します(無症候性キャリア)。ところがウィルスを異物と認識し、免疫反応が起こると攻撃が始まります。

この攻撃によってウィルスと一緒に肝細胞が破壊され、炎症が起こります。これがb型肝炎です。

b型肝炎の感染経路

医師18

b型肝炎は、b型肝炎ウィルスが血液(体液)を介して感染が起きる病気です。b型肝炎ウイルスはc型肝炎ウイルスと比べて血液中の濃度が1000倍以上も高いので、感染力が非常に強く血液中だけでなく、唾液や精液の中にも含まれます。

b型肝炎の感染経路は2つあります。1つは性的接触、輸血、注射などによって感染するルートです。これを水平感染といいます。輸血に関しては、日本で輸血される血液すべてウィルスの検査が行われており、現在は輸血による感染はほとんどありません。

成人後のb型肝炎ウイルスの感染は性的接触によって感染するケースがほとんどです。もう1つの経路はb型肝炎のキャリアの母親から赤ちゃんが感染する母子感染です。


一過性感染と持続感染

b型肝炎は感染した時期、感染した時の健康状態などによって一過性の感染で終わるものと、ほぼ生涯にわたって感染が持続する持続感染に大別されています。

一過性肝炎一過性肝炎は、急性肝炎に発症する「顕性感染(症状が出るもの)」と、症状がないまま自然治癒する「不顕性感染」に分かれます。いずれの場合でも症状が治まった後はウィルスに対する免疫ができ、以後再びb型肝炎に感染することはありません。

b型肝炎は、本来自然治癒する傾向が強い疾患です。ただ急性肝炎を発症した人のうち約10%は慢性肝炎に移行し、放置すれば肝硬変、肝癌へと移行する可能性があります。また劇症肝炎を発症する可能性があり、これに発症すると命にかかわります。

持続性肝炎持続感染は、ウィルスが排除されず6ヶ月以上にわたり肝臓内にすみつくことで、ほとんどの人は症状のないまま過ごしますが、一部の人は慢性肝炎を発症します。慢性肝炎の多くは、母子感染からの無症候性キャリアからの発症です。

母子感染で成人後、発症した場合

病院11

赤ちゃんがb型肝炎のウィルスを持った母親から、出産の前後に感染する事を「母子感染(垂直感染)」といいます。乳幼児期に感染するとまだ免疫が十分ではないため、ウィルスを排除する事が出来ませんが、肝炎の症状も現れません(無症候性キャリア)。

この無症候性キャリアのうち、約90%の人は成人になってから肝炎に発症しても(肝炎期)その後、沈静期に移行して症状が現れないまま一生を送ります(非活動キャリア)。ただし、稀に非活動キャリアから肝がんを発症することがあります。

日本では1986年以降、ワクチン使用の予防措置が取られており、現在では母子感染は激減しています。

b型肝炎の治療はウィルスの増殖を抑え肝炎の鎮静化、肝硬変や肝がんの進展を阻止する事

b型肝炎に感染した人で、すぐに治療する必要があるのは次のようなケースです。

・慢性肝炎がある場合や肝細胞の線維化が進んだ場合

・肝硬変や肝がんになっている場合

・家族で肝がんになった人がいる場合

・劇症肝炎を発症している場合b型肝炎で急性肝炎を発症した人のうち、1%から2%は劇症肝炎を発症する可能性があります。一方、b型肝炎に発症した人の70%から80%は症状のないまま、鎮静化します。こうした無症候性キャリアは治療の必要はありません。

定期的な血液検査や画像検査で、炎症が再燃していないかどうか、肝がんが出来てないかどうかを確認するだけでよいでしょう。

治療の基本は「核酸アナログ」と「インターフェロン」治療

c型肝炎ウィルスと異なり、b型肝炎ウィルスは完全に排除する事はほぼ不可能です。その為、治療は出来るだけウィルスの活動を抑え、日常生活が支障なく送れるようになる事を目標とします。b型肝炎の治療法は主に2つの方法があります。

飲み薬の「核酸アナログ」でウィルスの増殖を防ぐ方法と、注射の「インターフェロン」でウィルスに対する免疫力を高める方法です。「核酸アナログ」はウィルスが増殖するしくみを直接妨害し、増殖を抑える薬です。薬を飲んでいる間はウィルス量は低下し肝炎を鎮静化させますが、薬を止めると再び増殖しますので、くれぐれも自己判断で中断しない事が大切です。

副作用も少なく負担も少なく済みます。「インターフェロン」はウィルスに対する防御システムを作ったり、免疫力を高めたりする働きがあります。またウィルスを排除出来る可能性もあるのですが、注射薬であり長期にわたって定期的に通院が必要のほか、かなり激しい副作用もみられます。

ウイルス性肝炎の予防

ウィルス性肝炎は、感染経路が分かれば感染は防げます。ウイルス性肝炎の感染は大きく2つに分かれます。1つは水や食べ物に介して感染する「経口感染」で、もう1つは血液(体液)など介して感染する「非経口感染」です。

b型肝炎は「非経口感染」です。ウィルスの感染は少量の血液や体液からでも起こりますので、歯ブラシやカミソリ、爪切りやピアスなど他の人と共用しない事が大切です。なお、b型肝炎には感染予防のワクチンがあります。

b型肝炎ウィルスのキャリアと診断された方の配偶者などは、予防ワクチンの接種を受ける事をおすすめします。

肝臓は体内の要となる大切な場所

肝臓は非常に「我慢強い」臓器なので自覚症状が出たときは、病気がかなり重症化しているというケースも珍しくありません。別名「生体内の化学工場」と言われる肝臓はアルコールなどの有害物質の解毒や、食べ物を吸収しやすい形に変えることなど、体内に取り入れた物質を様々な形に作り変える働きをしています。

その為、アルコールの飲みすぎや食べすぎ、脂っこい食事など肝臓の負担になるわけですが、肝臓はそんな悪条件にも日々じっと耐え、黙々と働いてくれます。しかし、肝臓の我慢にも限界というものがあります。我慢の限界に達し爆発させるころには、肝臓は取り返しのつかない状態になってしまっているのです。

こうした事態を避ける為には定期的に検査を受け、血液を調べてもらう事が大切です。肝臓には全身の血液の4分の1が流れ込んでいるので、血液を調べれば肝臓の状態を知る事が出来ます。肝臓病も早期発見・早期治療が大切なのです。