b型肝炎は移る?感染経路と予防法

病院1

b型肝炎はウイルスに感染することで起きる病で、一度発症するとその後肝臓の状態が悪化、慢性肝炎・肝硬変・肝臓がんなどにつながる恐れがあります。b型肝炎を防ぐためにはまず感染経路を知り、感染を防ぐことが重要です。

また感染経路を正しく知ることは、b型肝炎の患者への正しい対応方法を知ることにもつながります。自分を守り、患者を尊重するためにも感染経路について理解しましょう。


b型肝炎とはどのような病気か

b型肝炎とは、b型肝炎ウイルス(HBV)に感染することによって発症する病です。初期症状としては倦怠感・食欲低下等が見られ、しばらくすると黄疸・吐き気・関節痛といった症状も現れてきます。人によっては激しい炎症により肝臓の機能が停止する恐れがあります。

そのため早期に医療機関で治療を受けなければなりません。b型肝炎ウイルスによる急性肝炎は、正しい治療を行えばやがて回復期に移行します。しかし人によっては慢性肝炎・肝硬変・肝臓がんにつながる場合もあります。

慢性肝炎につながりやすいかどうかは、感染経路によって変化していきます。

b型肝炎の感染経路は2種類

b型肝炎の感染経路は「経粘膜感染」と「経皮的感染」の2種類です。「経粘膜感染」とは、体液を通じて感染する場合を指します。具体的には性行為・妊娠等が挙げられます。一方「経皮的感染」とは、不適切な医療行為により血液を介して感染することを指します。

例えば輸血・注射の使い回し・不衛生な環境下で皮膚に穴を開ける場合などが挙げられます。このようにb型肝炎ウイルスは、血液・体液を介して感染するのです。なおb型肝炎の移り方は、母子感染か否かで「垂直感染」と「水平感染」に分ける場合もあります。

これは「水平感染」の場合に比べ、「垂直感染」、つまり母子感染の方が悪化しやすい傾向にあるからです。

b型肝炎の母子感染

b型肝炎の中でも「垂直感染」と呼ばれるのが、母子感染です。これは母親がb型肝炎ウイルスを持っていた場合、妊娠中にウイルスが胎児の体内に侵入することで起こります。母親からb型肝炎ウイルスを引き継ぎ、感染した状態で生まれてくるのです。

なお母子感染が起きるのはb型肝炎の症状がみられる人だけではありません。治療を行うとb型肝炎の働きは抑えられ、肝臓の炎症も収まります。しかしb型肝炎のウイルスそのものは体内に残ったままです。活発化していないウイルスが体内にある場合も、母子感染が起きる可能性はあるのです。

子どもが感染すると悪化しやすい

b型肝炎の場合、特に注意したいのが子どもに移ることです。子どもに感染した場合、症状が悪化しやすいからです。母子感染により生まれた時からウイルスに感染している場合、生まれてからしばらくの間は症状が現れません。

もともと体内にあるものなので、免疫もあまり反応せず、共存状態になるのです。この「無症候性キャリア」は、免疫機能が未発達の間続きます。症状が現れだすのは子どもが思春期を迎えた頃です。この頃になると免疫機能が発達し、b型肝炎ウイルスを異物と判断、攻撃するようになります。

この時b型肝炎ウイルスに感染した肝細胞も攻撃するため、激しい炎症が起きるのです。その後ウイルスの活動は緩やかになり、やがて症状も落ち着いてきます。多くの人はその後ずっと症状が現れないのですが、人によっては慢性肝炎・肝硬変・肝臓がんに移行する場合もあります。

後天的に感染した人の場合に比べ、先天的に感染した人は肝炎が慢性化しやすいため、注意が必要なのです。

性交渉に注意しよう

b型肝炎への感染経路は母子感染だけではありません。体液同士が接する性交渉にも注意が必要です。例えば自分がb型肝炎ウイルスを持っていた場合、正しい対応を行わないとパートナーに移してしまう恐れがあるからです。

性行為を行う際は、できるだけコンドームを装着するようにします。この時誤った使い方をすると装着している意味がなくなってしまうので、必ず使い方は守るようにしましょう。また不特定多数との性行為は感染リスクが高まる原因になります。

性行為を行う場合は相手が病気を抱えていないか確認したうえで行うようにしましょう。

注射の使いまわしは禁止

b型肝炎は体液や血液を介して感染します。b型肝炎の感染を防ぐためには、衛生面に気をつけなければなりません。例えば注射器は刺す時に針の一部が血液に触れます。この注射器を使いまわすと、前に注射を使用していた人の血液が次に注射した人の体内に入ってしまいます。

もし先に注射した人がb型肝炎ウイルスに感染していた場合、次に注射を打った人も感染する恐れがあります。さらにその注射を別の人も使うと、感染者はさらに広がっていくことになります。そこで大切なのが、血液に触れるものは使いまわししないことです。

例えばインスリンの自己注射等は1回1回針を交換し、使用した針は血液が漏れないように密封して処分します。また皮膚に穴を開ける行為、ピアス・入れ墨・鍼なども針が血液に触れる恐れがあります。道具の使いまわしは避けるようにしましょう。

衛生面に注意しよう

b型肝炎の感染を防ぐためには、衛生面にも注意を払う必要があります。例えばピアス・入れ墨・鍼といった皮膚に穴を開ける行為は、b型肝炎だけでなく様々な病原菌の感染につながる恐れがあります。不衛生な場所では行わないようにしましょう。

さらにb型肝炎に移らないようにするためには、日頃から衛生面を保つことが重要です。特に介護などで医療行為を行う際は、注意が必要です。カテーテル・チューブ・インスリン自己注射器等も血液に触れるものだからです。

交換時等は手にケガはしていないか確認し、必ず手袋を着用して行います。可能ならマスク・エプロンなどもつけ、できるだけ粘膜や皮膚が露出しないようにします。そして治療行為を行う前と後は、必ず手を洗うようにしましょう。

『b型肝炎と運動の関わりについて知っておこう』

海外渡航に要注意

現在、先進国では輸血や医療機器の不適切な使用による血液感染は減少しつつあります。しかし発展途上国の場合は、十分にb型肝炎感染を抑えるだけの環境が整っていない恐れがあります。リスクが高いと思われる地域に行く場合は、必ず予防接種を受けてから行くようにしましょう。

現地でケガした場合や事故にあった場合、輸血や手術を受けることがあるからです。

b型肝炎のワクチンを利用しよう

b型肝炎の感染を防ぐためには、ワクチン接種が有効です。特に先天的に感染している場合は重症化する恐れがあるため、できるだけ早く対処しなければなりません。b型肝炎ウイルスに対する抗体を出生後できるだけ早いタイミングで注射、その後も何度かに分けて抗体を注射していきます。

また警察官・消防隊員・医療従事者等は感染者と接する機会も多く、移るリスクも高いので何回かに分けてワクチンを接種していかなければなりません。

b型肝炎患者に対する誤解

b型肝炎は肝硬変や肝臓がんにもつながる恐れのある恐ろしい病気です。しかしこの病の感染経路は血液・体液のみです。空気感染や皮膚に直接触れての感染は少ないと言えるのです。またb型肝炎は正しい治療を行えば、症状を抑えることも可能です。

感染経路を正しく理解し、正しい対処法をとることが大切なのです。

移さないために検査を受けよう

b型肝炎は移らないようにすることも大切ですが、移さないようにすることも大切です。自分はウイルスを保有しているのか、抗体は持っているのかを血液検査などで確認するようにしましょう。ウイルスに感染しているものの、症状を発症していない場合もあるからです。

そしてもし自分が感染していた場合は、医師に相談しながら相手に移さないようにすることが重要です。

参照元(b肝炎訴訟